ライブハウス|「防音ファクトリー」は楽器の特性を活かした防音室を製作します。防音工事をご検討中の方、ぜひ一度当社へご相談ください!

Soundproof
Room

BOUON FACTORY

音楽がもっと楽しくなる
楽器の特性を活かした防音室を

無料お見積りはこちら

SCROLL DOWN

ライブハウス

ライブハウスの騒音レベル

ライブハウスの場合は設置される場所や広さ、演奏の種類などにもよりますが、比較的小規模なよくあるライブハウスでは、鋼製ドア1枚でも音が遮音され低コストでの施工が可能です。
商業エリアや騒々しいエリアにおいては外の車の音や騒音の方がうるさいくらいで、外部の音との関係で想像より負担の少ない設備でも対策ができます。
もちろん状況にもよりますが、ライブハウスに多い商業エリアでビルなどの地下という立地を選ばれている場合、思った以上に低コストで最適な防音対策ができたとお喜びいただくことも多くあります。
弊社では防音対策をはじめ、音響設備や照明環境を整えることもできますのでトータルプロデュースのご相談もお任せください。

ライブハウスに求められる防音条件

ライブハウスを運営するうえでは、音漏れによるご迷惑がかからないようにすること、演奏者や観客が楽しめる程よい反響のある吸音処理をすることが求められます。
建物躯体に伝わる振動に加え空調機器や配管などを通じて上下階へと音が伝わることがあるので、建物の構造や空調設備、配管の位置なども踏まえて緻密な調査とお打ち合わせに基づくきめ細やかなプランニングをいたします。
出演者によって演奏ジャンルも多岐にわたるため、ステージ上での中音と観客側の外音に配慮しなくてはなりません。
「近隣への配慮ばかりを重視して演奏がしにくい」「音が悪いと出演者や観客に評価を得られない」では意味がありませんので、防音と音のよさが両立できる設計を目指します。

防音工事による遮音性能

これから大阪でライブハウスを運営する物件を選定するのであれば、繁華街や車の量が夜でも多いエリアで、且つビルの地下などがおすすめです。主な理由は、騒がしい音や車の音などでライブハウスから聞こえているはずの音が周りの環境によって聞こえなくなるためです。
こうした環境の条件を利用しながらも、同じ建物内の隣室や上下階などへの空調や配管を通じて聞こえる音漏れにも考慮していく必要があります。
遮音性能は低周波30Hz~125Hz時でD=65以上に設定するのが最善です。
しかし、ライブハウスが置かれている環境は様々ですので、綿密な調査と緻密な打ち合わせを重ねて最適なプランをご提案させていただきます。

施工方法

ライブハウスの防音施工にあたって定番のスタイルは天井や壁、床を浮構造にし、30Hz~125Hzの低周波を考慮して壁にはブロック等の重量のある材料を用いるのが最適です。
床についても湿式工法によるコンクリートの打設で浮床を施工することで、下の階や床への振動を通じた音漏れを防ぐことができます。
なお、音は距離が長くなればなるほど減衰する性質がありますので、ドアは極力ステージから離れた場所に設置するように、ステージの位置をご提案させていただきます。
また、物販ブースや飲食スペースなどのホワイエを作ることでも、空気層のように作用して遮音性能が高まります。
ライブハウスには遮音壁にプラスしてホワイエという構造がおすすめですので、ぜひご相談ください。

Performanceカテゴリー別施工実績

■運営会社
株式会社ワイ・エス・シープランニング
■所在地
〒534-0012 大阪府大阪市都島区御幸町1-2-5

防音ファクトリーは、大阪を中心に西日本で防音工事を承っています。楽器の音の鳴り方や周波数帯を熟知した職人が、各種楽器に対応したワンランク上の防音室をご提供いたします。

東日本エリアの方はこちら

無料見積依頼・ご相談はこちら

0120-984-169

24時間365日ご連絡受け付けております!

メールで問い合わせる

ページの先頭へ